専門学校と大学を同時に卒業する

学生社会福祉士を目指す場合、受験者の過去の経歴によって受験資格を満たす内容がかなり異なります。福祉系の専門教育を受けていない方でも実務経験と一定期間の養成講座を受講することで受験資格が発生しますが、法令が定める福祉系の大学の指定科目を履修し卒業した場合は、実務経験無しや養成講座の受講無しに社会福祉士の国家試験を受けることも可能です。通常、専門学校は2年制の所が多く、専門学校を卒業しただけでは社会福祉士の受験資格を得ることは出来ません。しかし、社会福祉士の受験資格取得を目指す4年制の専門学校があることはご存知でしょうか。

社会福祉士の受験資格取得を目指すための専門学校の場合、専門学校生でありつつ、法令が定める福祉系の大学の学生になるという方法で社会福祉士の国家試験受験を目指します。専門学校と大学の2つの勉強を4年間で一気にこなすこと、社会福祉士試験の範囲は広く、合格率も低いためにプレッシャーもかかるために濃密な学生生活になりますが、最短で社会福祉士を目指す方法の一つでもあります。この方法は、専門学校の卒業と共に大学卒業の資格も取得可能となります。

社会福祉士の資格を取得することで介護の分野だけでなく、医療ソーシャルワーカー、児童相談所のような場所にも活躍の場を広げることが出来ます。福祉に関して幅広い仕事を希望されている方なら、4年制の専門学校で社会福祉士を目指すという選択肢も候補に入れてみてはどうでしょうか。


関連記事

専門学校で実務経験

大抵の試験は筆記試験であることが多いのですが、介護福祉士の受験資格は「筆記試験」だけではなく、「実技試験」も含まれます。介護福祉士を要請する専門学校では福祉に関する理論的な学習は当然ですが、実践を通して実技を学ぶ授業も、座学による学習時間と同じかそれ以上に組まれており、規定の単位を取得することで国家試験で実技試験が免除されます。実技の授業では現場に入ることを想定して、ほぼ介護施設と同じ状態で授業を受けていきます。

介護施設での研修更に、介護を受ける立場に立った支援をすることを目指して、学生同士お互いに実際に介護を受ける方と同じ状態になり介護をされる、という授業も多く、体中に錘をつけて実際に麻痺の感覚を体験したり、目隠しをして杖で歩くことをしたりと、実際に介護を受けることで介護の必要性と、介護される立場に立った介護を改めて感じる学生は多いです。実技をある程度理解した後に、実際に介護施設で実習を行い、介護技術に対する理解を深めていきます

専門学校によっては介護福祉士の資格取得を目指すだけでなく、卒業後により幅広い分野で活躍する人材を育成することを目標に、福祉住環境コーディネーターや介護報酬請求事務技能検定試験、介護予防運動スペシャリストといった資格取得も目指す所もあります。


関連記事

実務経験と専門学校

老人と介護士高齢化社会の日本にとって、福祉や介護の知識を持つ方は必要不可欠な存在です。介護分野のエキスパートである介護福祉士、介護の分野のみならず福祉系の分野で一番強みを発揮する資格である社会福祉士を目指す方が増えているのも当然のことでしょう。介護や福祉系の仕事は人手不足なこともあり、常時人材を募集しているため、最近では社会人から介護福祉士や社会福祉士を目指す方も増えています

介護福祉士、社会福祉士の資格を取得するにはいくつもの方法があり、様々な事情で進学が難しい方、社会人の方や元々福祉系以外の大学や専門学校を卒業した方が資格を取得するなら、介護職員初任者研修を受講し、介護施設で働きながら実務経験を積んで国家試験を受けた方が金銭的な面と国家試験の受験資格の一つである実務経験の単位が稼げるという面で都合が良いことが多いのですが、学生の方が介護福祉士を取得したいのであれば、福祉や介護の専門学校に進学して卒業と同時に介護福祉士の資格を取得した方が時間的に効率が良いです。

このサイトでは、介護福祉士や社会福祉士を目指す方へ専門学校選びの参考になるポイントをまとめています。興味のある方は是非参考になさって下さい。

なお、社会福祉士もそうですが、特に介護福祉士の国家試験の受験資格は毎年改正が加えられています。専門学校では国家試験の受験資格の変更に対しても迅速に対応していますが、受験する際は受験資格の変更には十分に気をつけて下さい。


関連記事