専門学校で実務経験

大抵の試験は筆記試験であることが多いのですが、介護福祉士の受験資格は「筆記試験」だけではなく、「実技試験」も含まれます。介護福祉士を要請する専門学校では福祉に関する理論的な学習は当然ですが、実践を通して実技を学ぶ授業も、座学による学習時間と同じかそれ以上に組まれており、規定の単位を取得することで国家試験で実技試験が免除されます。実技の授業では現場に入ることを想定して、ほぼ介護施設と同じ状態で授業を受けていきます。

介護施設での研修更に、介護を受ける立場に立った支援をすることを目指して、学生同士お互いに実際に介護を受ける方と同じ状態になり介護をされる、という授業も多く、体中に錘をつけて実際に麻痺の感覚を体験したり、目隠しをして杖で歩くことをしたりと、実際に介護を受けることで介護の必要性と、介護される立場に立った介護を改めて感じる学生は多いです。実技をある程度理解した後に、実際に介護施設で実習を行い、介護技術に対する理解を深めていきます

専門学校によっては介護福祉士の資格取得を目指すだけでなく、卒業後により幅広い分野で活躍する人材を育成することを目標に、福祉住環境コーディネーターや介護報酬請求事務技能検定試験、介護予防運動スペシャリストといった資格取得も目指す所もあります。


関連記事