専門学校と大学を同時に卒業する

学生社会福祉士を目指す場合、受験者の過去の経歴によって受験資格を満たす内容がかなり異なります。福祉系の専門教育を受けていない方でも実務経験と一定期間の養成講座を受講することで受験資格が発生しますが、法令が定める福祉系の大学の指定科目を履修し卒業した場合は、実務経験無しや養成講座の受講無しに社会福祉士の国家試験を受けることも可能です。通常、専門学校は2年制の所が多く、専門学校を卒業しただけでは社会福祉士の受験資格を得ることは出来ません。しかし、社会福祉士の受験資格取得を目指す4年制の専門学校があることはご存知でしょうか。

社会福祉士の受験資格取得を目指すための専門学校の場合、専門学校生でありつつ、法令が定める福祉系の大学の学生になるという方法で社会福祉士の国家試験受験を目指します。専門学校と大学の2つの勉強を4年間で一気にこなすこと、社会福祉士試験の範囲は広く、合格率も低いためにプレッシャーもかかるために濃密な学生生活になりますが、最短で社会福祉士を目指す方法の一つでもあります。この方法は、専門学校の卒業と共に大学卒業の資格も取得可能となります。

社会福祉士の資格を取得することで介護の分野だけでなく、医療ソーシャルワーカー、児童相談所のような場所にも活躍の場を広げることが出来ます。福祉に関して幅広い仕事を希望されている方なら、4年制の専門学校で社会福祉士を目指すという選択肢も候補に入れてみてはどうでしょうか。


関連記事